オーダースーツのご用命はテーラーキクチへ!  メンズ&レディース オーダースーツ専門店のWebSiteへようこそ!

本文へジャンプ
 
 ホーム
  
 スーツはオーダーの時代
  
 ■製品紹介  
 
 ■エピソード
 
 ■お知らせ
 
 ■店主挨拶
 
 ■企業情報
  
 ■アクセス
  
 ■サイトマップ
 



  製品/オーダースーツのテーラーキクチ
  











      メルボルン

ローマ   東京

      メキシコ
      ミュンヘン





































 < ページ上段に戻る

















世界に1着オーダースーツ / オーダーメイドスーツはテーラーが貴方だけのために創る1品


             スーツは“探すより創る”です。オーダースーツ(注文服)は実は決して高くはありません。お客様とご一緒に服地を選び、お好みのデザインで世界に1着のスーツを¥39,000からお創りします。既製服にはない、着心地の良い、美しいシルエットのオーダーメイドスーツをご提供します。

オーダーメイドスーツ専門店/東京・文京区/オーダースーツのテーラーキクチ


    

    テレビ番組放送のお知らせ
 

NHKの2020東京オリンピックの特集で当店が紹介されました。

当店は1956年のメルボルンオリンピックからローマ・東京・メキシコ・ミユンヘンまで開会式用ブレザーコートを調製して参りました。

現在は制作には携わっておりませんが、56年前の東京オリンピックとのつながりで取材されました。
(2019年12月27日 放送)

      


  エピソード 

   テーラーキクチは皆様のお引き立てのお陰で、父の代から創業70余年になります。中には
   50年以上もご愛顧を賜り、ハンドメイドフルオーダースーツをご用命下さっているお客様もいます。
   またこの間当店はメルボルン、 ローマ、東京、メキシコ、ミュンヘンと5回の
オリンピックブレザー
   コート
を製作するという栄誉に浴しました。

 メルボルン  1956年
 ローマ  1960年
 東 京  1964年
 メキシコ  1968年
 ミュンヘン  1972年

   
以下に掲載の写真は、東京オリンピックの時に選手が着用したものと同じブレザーと、納品用の箱です。


      東京オリンピック・ブレザーコート正面東京オリンピック・ブレザーコート左側面45度

      東京オリンピック・ブレザーコート納品用箱  

 オリンピック・ブレザーコートを制作することになったご縁

 今は亡き日照堂洋服店望月さんが社会と国家に貢献しようという考えの下、『ジャパンスポーツ
 ウエアクラブ』という団体を設立し、都内の有志の洋服店が参加して、オリンピックやアジア大会の
 行進用のブレザーコートを作るようになりました。1970年6月現在の会員名簿によりますと、58店が
 会員として名を連ねています。

 しかしながら、メルボルン、 ローマ、東京、メキシコ、ミュンヘンと回を重ねるにつれ、毎回選手団の
 人数が増え続け、それと逆行して職人の人数が減り、また非営利活動であったため洋服店の経済的
 負担も
大きくなってきました。

 そのような状況の中、大手アパレルメーカーやデパートが、ほとんど無料のような金額で制作すること
 になったため、『ジャパンスポーツウエアクラブ』は、モントリオールオリンピック用のブレザーコートは
 制作出来なくなり、ミュンヘンオリンピックを最後にブレザーコートの制作をやめることになりました。


          本ページに掲載のブレザーコートと箱は、東京都へ寄贈しました。
          現在『江戸東京博物館』に展示されています。




 
           オーダースーツのテーラーキクチ/東京・文京区
         Copyright (C) 2005−2006 Tailor-Kikuchi All Rights Reserved